紫外線って実際どんなもの?正しく対策してめざせ白肌❤︎

日焼けしたくない

透明感のある白い肌に憧れますよね😊
多くの方もご存知かと思いますが、
紫外線はお肌とってはあまりよくないです。
なんと、
老化の原因の約8割を占めているほどです😨

紫外線のことを理解して
正しい対策をしましょう😊

肌への影響

まず、紫外線を浴びることで
どのような影響が
肌に与えられるのかについてです✔︎

肌の老化の約80%は紫外線
と言われるほど、
肌への影響はかなり大きいです。

シミは、
日焼けをすることで生成されたメラニン色素が
肌の中に残って沈着したものなのですが、
最も紫外線による影響が大きいです😭

シミだけでなく、
コラーゲンなどの美肌成分を作り出す
細胞が傷つけられることで、
肌の弾力が低下して
しわたるみの原因となります。

紫外線の種類

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、
それぞれ肌に与える影響は異なります。

どのようにして防ぐのかは
後ほど書きますが、
日焼けして皮膚が黒くなるのは
UV-Aの影響で
シワやたるみの原因にもなります😨

UV-BはUV-Aの何100倍も強くて
日焼けした後に赤くなったり、
肌がごわついたりしてしまいます。

日焼け止め

UV-Aの影響が紫外線の2〜3割なのに対して、
UV-Bは7〜8割を占めます。

対策方法

紫外線対策として
一般的に使われるのが日焼け止めです❤︎

日焼け止めには
SPFとPAが表記されてますね💡
実は、それぞれが対策できる
紫外線は異なります。

SPFはUV-Bにどれくらい効果があるかを示します💡
実はSPF15で93%も防げて、
それ以上はあまり変わらないんです😶
逆にSPFが増えるほど
皮膚への負担を大きくしてしまいます。


PAはUV-Aをどれだけ防げるかの指標で、
+が多くなるほど強い日焼け止めになります❤︎
どれくらい早く黒くなるかに関係しています。

SPFやPAの効果のためには、
2〜3時間に一度塗り直すのがおすすめです◎
数値の高いものを使うよりも、
しっかりと塗りなおす方が
日焼け止めの効果を期待できます💡

最後に…

紫外線のことが分かれば、
正しく対策ができて
憧れの白い肌に近くことができます!

紫外線は肌の老化の大きな原因ではありますが、
骨を丈夫にするビタミンDを分泌したり
体内時計を整えたりと
いい部分もあります🤗


また、女性ホルモンと連動する
幸せホルモンのセロトニンも分泌されます❤︎
なんだか憂鬱な時は、
日光を浴びたら気分がよくなります。

きちんと紫外線対策をして、
日光とうまく付き合いましょう😊

塗り直し用の日焼け止め選びに悩んでいる方は
ぜひこちらの記事をご覧になってください💡

美容とかわいいものが大好きな22歳の大学生です。 みなさんに役に立つような情報を発信していけるようがんばります❣️

関連記事