季節の変わり目に肌が荒れちゃう”ゆらぎ肌”、どうケアすればいい?

季節の境目に肌が荒れる理由

季節の変わり目に
肌が荒れてしまうことありませんか?
そのような方は”ゆらぎ肌”
なのかもしれません⚠︎

今回は
そんなゆらぎ肌についてご説明して、
どうすれば美肌になれるのかも
教えていきたいと思います🙌🏻

 ゆらぎ肌とは? 

まず、ゆらぎ肌とは
いい状態の時とは違って、違和感のある肌
のことをいいます✍🏻
乾燥つっぱりたるみを感じたり
いつもより多く皮脂が分泌していると感じたりする時、
ゆらぎ肌の可能性があります!

ゆらぎ肌は季節の変わり目だけでなく、
実は他にも様々な時期に起こるんです。

☑︎ 季節の変わり目
☑︎ 生理前
☑︎ ストレスや緊張が長く続いた時
☑︎ 寝不足をした時
☑︎ 強い紫外線を浴びた後

たしかに!と思った方は
結構いるのではないでしょうか🤔
このように、
安定しない状況の中で
ゆらぎ肌になってしまうのです。

そして次に、具体的に何が原因となっているのか
についてご説明します✔︎

 ゆらぎ肌の原因 

ゆらぎ肌の最も大きな原因は、
肌のバリア機能の低下です。

皮膚には
外からのダメージや異物の侵入を防いだり
体内からの水分が蒸発するのを防いだりする役割

があるのですが、
その役割を
皮膚の一番外側の角層が果たしています💡

この角層が担っているバリア機能は
乾燥にとても弱く、
うるおい成分によって保たれています。

つまり、
角層の水分量が少なくなると
バリア機能が低下してしまい、
肌が乾燥してしまいます🧐

肌が乾燥すると、
外からの刺激に敏感になってしまう
ゆらぎ肌になるのです😢

 対処法 

では、ゆらぎ肌の方は
どうすれば美肌になれるのでしょうか?

▼ 保湿する

まず、
バリア機能の低下を防ぐために、
乾燥を防ぐことが重要です◎

そのためには
しっかりと保湿をして
皮膚に水分を与えましょう😊

またごしごしと洗顔しすぎないことも
大切です💡
過剰な洗顔は、
肌の水分を奪ってしまいます。

▼ 紫外線対策をする

ゆらぎ肌、つまり肌のバリア機能が低い方は、
紫外線(特にUV-B波)からの刺激に弱いことが
わかっています。
肌のバリア機能が低いと
通常の人と比べて
紅斑ができやすいという結果が出ています⚠︎

また、紫外線自体が
皮膚を乾燥させる原因の1つ
なので
いずれにしても
紫外線対策をすることは大切です🙌🏻

紫外線について詳しく知りたい方は
こちらの記事を読んでみてください🕊

まとめ

いかがでしたか?
季節や環境が変わると
肌が荒れやすい方は
とくに保湿をするようにすると
美肌に一歩近づきます😊

美容とかわいいものが大好きな22歳の大学生です。 みなさんに役に立つような情報を発信していけるようがんばります❣️

関連記事